防犯に役立つ飼い犬ですが、思わぬ手段で突破されてしまいます。

飼い犬は防犯に役に立つ?

番犬は防犯の役に立てる?

飼い犬は防犯に役に立ちますが、プロの窃盗団は回避する術を持っています。
飼い犬がいないよりプラスに働くことは確かですが、飼い犬が番犬をしてくれると過信して家の防犯対策を疎かにしてはいけません。

 

 

泥棒は下見をするケースが多い

 

泥棒の多くは下見を行って犯行に及んでいて、散歩している姿や鳴き声を通じて飼い犬がいることを把握しているものです。

 

犬を飼っている人は「うちの犬は人懐っこいから役に立たないかもしれない」と思うものですが、人懐っこさや吠えて威嚇するかは関係ありません。
犬は縄張り意識が高い特性があるため、散歩中など家の外では人懐っこくても、家族がいない状況で家に第三者が不法侵入すると吠えるケースが多いです。

 

もちろん、家の中でも人懐っこい犬もいますが、下見をする泥棒は家の中の縄張り意識まで判断できません。
飼い犬がいることによって、泥棒のターゲットにされるリスクを多少軽減できることを覚えておきましょう。

 

猛犬注意のステッカーが効果的

 

飼い犬を防犯に役立てたい場合は、「猛犬注意」のステッカーを目立つ位置に貼っておくとよいでしょう。
吠えたり噛みついたりする犬がいるだけではなく、防犯意識が高い家であることをアピールできます。

 

警備会社名の記載がない「防犯システム作動中」のステッカーはハッタリを見破られることがありますが、猛犬注意と飼い犬がいる事実があれば、たとえ猛犬でなくても泥棒は警戒するものです。
特に通りすがりの思いつき犯行は大きな抑止力を期待できますよ!

 

プロの突破法

 

プロの窃盗団では、飼い犬がいる家でもターゲットから除外しません。
犬はおやつやごはんを与えることで突破することができるため、プロの窃盗団は番犬対策のアイテムを用意しています。

訓練された警察犬であっても食べ物の誘惑には勝てないケースが多く、泥棒のプロ目線では飼い犬を気にするほどのセキュリティとして見られません。
家族以外が家に入ると吠える飼い犬がいる理由で、玄関や窓の防犯対策を疎かにしないでください。

 

防犯目的に飼うのはNG

 

飼い犬がいれば少なからず防犯に役立ちます。
下見をする泥棒からターゲットにされにくいほか、聴覚と嗅覚に優れた犬は家の異変にいち早く気付きます。

 

在宅中に不審者が現れた場合に教えてくれるので、泥棒だけではなく住人を巻き込んだ犯罪・トラブルの抑止力が高まるでしょう。
しかし、吠える飼い犬であってもプロの手にかかれば簡単に突破されます。

 

犬をペットにするということは、餌代や毎年の予防接種、フィラリアの薬代、お散歩や介護などで10年以上付き合っていかなければならないのです。
家族の一員が泥棒も追い払ってくれるというくらいで考え、防犯はあくまでもオマケとして捉えておきましょう。

 

コスパとしては悪い部類ですので(そもそも命をコスパで考えることがおかしいのですが…)単純に防犯だけを目当てに飼うことはオススメできません。

 

もしおうちに犬を飼っている場合は、猛犬注意のステッカーを貼るなど、プラスアルファの防犯対策を講じるとよいでしょう
どれだけ信頼できる番犬がいる場合でも、おやつや生肉といったごはんで簡単に突破されることを理解し、鍵の施錠や監視カメラの設置など防犯対策を徹底してください。